120回安田ゴルフ会のご案内

 

 

 

平成3095

 

 

 

安田ゴルフクラブ

 

 

 

会  長

中村栄太郎

 

 

 

常任幹事

柴山 一男

 

 

 

幹  事

松村 正一

 

 

 

 

 

 

今年の夏は耐え難い暑さの連続でした。加えて台風の当たり年で特に西日本の被害は甚大でした。お見舞い申し上げます。暑さも今しばらくというところと思いますが、皆様にはお変わりなくお元気でお過ごしの事と拝察いたします。   

 ところで秋の安田ゴルフ会は、例年通り名門「那須ゴルフ倶楽部」での開催となります。恒例の前夜祭では、クラシックな那須ゴルフ倶楽部のクラブハウス内でのすき焼きパーティーに続き、安田前理事長(名誉顧問)のご厚意により安田別邸でのワインパーティーを予定しております。今回は学校法人から尾崎新理事長もご参加の予定です。

 皆さまお誘いあわせのうえ、今年も多数のご参加をお待ち申し上げております。

特に同窓生で今までご参加にならなかった方を歓迎いたします。

 

 

 

 

 

 

1.   日 時

平成301018(木)1730分迄クラブハウスに各自集合

(早めにご到着のうえ、温泉をお楽しみください。)18時より 会食(前夜祭) 

 

 

 

2.   競 技

平成301019 アウト 8 33~   5

 

 

 

3.   場 所

「那須ゴルフ倶楽部」

325-0301 栃木県那須郡那須町湯本212

電 話 0287-76-3100  FAX0287-76-3103

 

 

 

4.   諸料金

プレー費概算(キャディフィ含・昼食別途)18,350

但し、70歳以上は1,200円、65歳以上は600円の利用税が上記から控除されます。

  (プレー費以外の料金予定) ロッジ宿泊料 団体割引(10名以上)2,850

但し、プレー無しの方の場合は5,550円となります。

食  事 夕食 牛すき焼き 5,090円・ 朝食 1,080

 

 

 

5.   入 賞

優勝、2位〜5位、7位、10位、15位、BB賞、二アピン賞、ベストスコア賞等

ダブルパーカットの新ペリア方式を予定しています。80歳以上ゴールドマーク。

 

 

 

6.   会 費

参加費 5,000円(賞品代、パーティー費)

今年初参加の方は年会費2,000円 

出席参加お申し込みの方には、組合せ表・交通機関時刻表等を後日にご連絡します。

 

 

 

7.   別 紙

*回答は早めにお願いします。

 

 

 

 

 9 28日(金)までにメールまたはFAX・電話等でご回答をお願い致します。 

  連絡先 松村 正一 103−0024 中央区日本橋小舟町12−3

       メールアドレス matsucpa@graciajapan.com

         FAX  03-3667-0366   TEL 090-3203-0152(携帯)

 

 

 

連絡票(PDF)ダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

118回安田ゴルフ会「那須ゴルフ倶楽部」

 

ゴルフ会幹事 松村正一

 

 

 

 

 

 

安田ゴルフ会は年2回開催され、秋には安田弘理事長の那須ゴルフ倶楽部で行われました。平成29年秋の日程は以下の通りでした。

1019() PM6時からクラブハウス内食堂で懇親会、引き続き安田邸へ移動してワインパーティー

1020() AM8時33分から5組でスタート、終了後クラブハウス内で表彰式

19日の前夜祭に間に合うよう新幹線や車の相乗りで、ゴルフ場に皆さんが集まりました。

那須ゴルフ倶楽部の温泉にゆったりつかり、クラブの着物に着替えてリラックスして食堂に集まり、学校法人側からご参加の安田弘理事長、深澤正宏副理事長、安田修理事を囲んで、すき焼きパーティーです。美味しいお酒を飲み、学園の話やゴルフの話など忌憚のない思いをぶつけて同窓生としての認識を改めて確認しました。

十分に食事とお酒を楽しんだ後にクラブのマイクロバスで近くの安田邸別荘に移動しました。理事長から美味しいワインとチーズのおもてなしに、このゴルフ会を通して学校法人と同窓生の皆さんが胸襟を開いてお付き合いができることは大変意義のあることと改めて思いいたりました。

この別荘は戦前に現理事長の父君・安田一元理事長が建てられたものと聞いています。

この居間の暖炉の上に元理事長のにこやかな肖像画が掲げられており(写真掲載)、和やかな懇親の模様を眺めておられます。今回参加の同窓生の最高年齢は中村栄太郎ゴルフ会会長の91歳で、一番若い同窓生は西村努君の44歳ですが、先輩後輩の垣根を越えて懇親を深める良い機会ではないかと思っています。

 翌朝は風が少し強く雨が心配な天気模様の為、中村ゴルフ会会長、安田理事長、谷口元事務局長のお三方がご自分の年齢と体力を考えてクラブハウス内でゆっくりお酒を楽しむこととなり、ゴルフプレーをキャンセルされたので、4組14名だけでプレーを楽しみました。

今回は持ちハンディではなく、新ぺリア方式でのプレーなので意外性はなくやはりハンディキャップの上のものが順調に上位に入りました。

 

 

 

優勝

鳴海 義一

グロス

82

ハンディ

7.2

ネット

74.8

 

2位

安田 修

グロス

98

ハンディ

24.0

ネット

75.0

 

3位

深澤 正宏

グロス

100

ハンディ

22.8

ネット

77.2

 

ブービー

西村 努

グロス

128

ハンディ

36.0

ネット

92.0

 

 

 

プレーヤーの最高年齢は、西村勇先輩の86歳でした。天気の大きな崩れもなく皆さん全員無事にプレーを済ませて昼食を兼ねた表彰式で大いに賑わいました。

このゴルフ会の発足は昭和38年6月にさかのぼり、那須ゴルフ倶楽部で第1回が行われ、世話役の大国晧造元同窓会長が優勝されています。当時の記録を見ると、このゴルフ会の発足は当時の母校の荒廃を憂い、卒業生の年次を超えた縦の連なりを作って同窓会を少しでも活性化し、母校のお役にたつことを願い発足したと記されています。その際に、現理事長の父君・安田一元理事長から安田杯のご寄贈を頂いた旨、も書き添えられています。

当時活躍された多くの方が故人となられましたが、先輩方の足跡を継承し、学校法人理事の皆さんとの懇親を深め、本校同窓会の更なる結束を築くには、このゴルフ会を今後も続けていくことが重要かと思います。

因みに、安田弘理事長の初参加は平成2年4月26日開催の第65回の霞が関カンツリー倶楽部で、当時の肩書はジャーディマセソン会長。ハンディキャップ10・グロス83で回り準優勝をされていました。

若い方、新しい方にどんどんご参加いただきたいと思います。良き伝統を後輩につないでいくために、ゴルフ会への参加を大歓迎いたします。尚、次回第119回の安田ゴルフ会は下記のごとく開催されます。

 平成30年5月10() 冨里ゴルフ倶楽部。また秋の10月には、那須ゴルフ倶楽部での開催を予定しています。

 

 

 

連絡先は以下の通りです。

 

 松村 正一

 

 東京都中央区日本橋小舟町123

 

 メール:matsucpa@graciajapan.com

 

 ファックス:03−3669−3591  電話:03−3667−0366

 

 携帯:090−3203−0152

 

 

 

 

 

 

 

第117回安田ゴルフ会

 

 

 

 

 

 

117回安田ゴルフ会は、新緑が爽やかな 立野ゴルフクラシックゴルフ倶楽部にて開催された。ここ房総丘陵の緑は様々な色が重って、風景一帯が大きな模様になる。木々の緑の個性が出て混ざり合い一幅の絵になる。

安田ゴルフ会は第1回が昭和38(1963)年6月に日高カントリークラブからはじまっており、第1回目の優勝者はのちに同窓会長を務められた大国 晧造氏であった。

54年の歴史を重ねる中で、現安田 弘理事長は平成24月の第65回の霞が関カンツリークラブから参加されており27年目となっている。

今回の参加者は総勢18名で、最高齢は大正15年生まれの当年満91才の中村安田ゴルフ会会長、加えて80歳台が安田理事長、谷口さんと私・植村の3人であった。

936分アウトスタートで恒例により安田理事長の1組目からプレーが始まった。曇りのち晴れ、気候も爽やかでゴルフのプレーには最高のコンデションだった。

スタート時には今日は張り切ってスコアを伸ばそうと思い大いに盛り上がるが、しかしすぐに結果が出る。ほとんどの皆さんはこんなはずではなかったと悔やむのが我々アマチュアゴルファーである。

前半を終わり鳴海君が37と相変わらずの好調、シングルプレイヤーの余裕を見せる。

前半のアウトは皆さんスコアが伸びず40台は高橋 君49、 田中君49、海老原君44、 及川君49、 宮崎君49  5名のみであった。

汗をかいた後のクラブハウスでのビールがたまらなく美味だ。

安田理事長と中村先輩はハーフで切り上げて、クラブハウス内でお二人は既に飲み会に入ってしまいました。

午後からのインコースは、少しばかりヤーデージも短くなったせいか、好スコア続出で40台が10人も出た。注目の鳴海君はドライバーの距離が合わずOBで結果46と大たたきしてご本人は不本意極まりない 、同感だが昔は小生もよく言われた。少々の嫌味を込めて、飛べばいいって訳でもないよと 変な時に思い出してしまった。

 しかし80才以上はゴールドティで打たせてくれるので何とかゴルフになるがレギュラーティーだと50-80ヤード毎回離されるため、ここぞと力一杯クラブを引っ叩いていたらそれこそ悲劇だ。それにしてもゴールドティとはいいアイデアを考えてくれたものだ。飛ばなくなった事を謙虚に認める。

今日は、久し振りにいいキャデイさんについた。さすがベテランで気持ちよく回れた。

松村君 推薦の立野クラシックゴルフ倶楽部は、 グリーンの状態も素晴らしく良いコースとして印象に残った。

 

 

 

117回安田ゴルフ会の成績は以下のとおりである。

 

順 位

氏  名

アウト

イン

グロス

ハンディ

ネット

 

優勝

塚本 光伸

57

44

101

32

69

 

準優勝

原田 浩一

50

46

96

25

71

 

3

高橋 洋一

49

46

95

21

74

 

4

菅野 満雄

55

50

105

30

75

 

5

植村 昭

52

46

98

22

76

 

 

 

今回は塚本君が初優勝となり理事長杯と優勝賞品を手にした。安田ゴルフ会への入会の歴史はあまり古くないが猛練習の成果が実った素晴らしい優勝であった。特に前半の57に対し午後の44は別人の如くであった。2位の原田君も参加歴は浅く今回は仮ハンディ25でしたがワンアンダーで回っており次回に期待が持てる。

安田ゴルフ会も今までは男子高の為男性だけであったが、安田学園では今年から多くの女子の卒業生を出しており、近い将来に安田ゴルフ会に女性のプレイヤーに入会してもらい共にゴルフを楽しめれば最高である。

どうぞ安田ゴルフ会は歴史のあるいい素晴らしい会です。是非新しい メンバーの入会を待っております。

 

植村 昭記・松村 正一補足

 

尚、次回118回のゴルフ会は安田理事長のホームコース・那須ゴルフ倶楽部で以下の通り開催されます。

  1019日(木) 午後6時〜

     那須ゴルフ倶楽部・クラブハウス食堂  前夜祭(すき焼きパーティー)・

     安田理事長別荘にてワインパーティー

  1020日(金) 午前833分〜 アウト・イン 夫々3組スタート

     終了後クラブハウス内にて表彰式後現地解散

 那須ゴルフ倶楽部は温泉が素晴らしく、願わくは晴天の中で那須岳を背景に素晴らしい紅葉を期待したいと思います。

 

 

 

第116回安田ゴルフ会

 

2016年10月14日 那須ゴルフ倶楽部

 

 

 

 

 

10月13日(木)午後6時から那須ゴルフ倶楽部のクラシックなクラブハウスにて、恒例の前夜祭が行われました。このクラブハウスの温泉にくつろいだ後、参加者21名は安田理事長、深澤副理事長、中村ゴルフ会会長を中心にすき焼きなべを囲んでゴルフの話、学園の話などに花が咲きました。今週に入っての急な冷え込みに特に日本酒の熱燗が美味しく酒が入るにつれ先輩・後輩の垣根を超え懇親を深めました。毎年秋の那須ゴルフ倶楽部でのゴルフ会は今年で48年続いている恒例の行事となり、ここに来ると既に故人となられた大国さんを始め金田・前川・内藤・清水(啓)・小林・奥井さん等多くの諸先輩のありし日のお姿が懐かしく偲ばれます。

宴会で十分に飲み・喰いをした後、これも恒例の安田邸別荘にお招きを受けてワインやブランデーなどに美味しいチーズをおつまみにあらためて2次会が行われました。この別邸は戦前に安田 一元理事長がたてられた木のぬくもりがある素晴らしい別荘で、皆が集う部屋は暖炉のぬくもりにほっとする空間でした。この日は玉木君(昭和34・高商卒)が安田学園の甲子園初出場時の金色のグラブ等記念品を自宅からこの別邸に寄贈し、安田理事長も大変喜ばれて早速に安田 一元理事長の肖像画の前の暖炉の上に備え付けられました。この晩は奥様もお見えになり会員の皆さんと親しくお話をされておられました。最後に安田理事長のギターで校歌を合唱してクラブハウスに戻りました。

さて、10月14日のゴルフ会は、那須ゴルフ倶楽部では珍しく快晴の秋の青空に高い筋雲が浮かび、ほとんど無風という好条件の中5組がスタートをしました。昨年の同じ時期の114回ゴルフ会はこの那須ゴルフ倶楽部で安田 弘理事長が優勝、2位にご次男の安田 修さん(学校法人評議員)が入りました。

 このゴルフ場は戦前に手作りで作られた名門ゴルフ場で特にグリーンが難しく3パット、4パットも珍しくありません。このゴルフ場の近辺ではまだ紅葉は1〜2週間早く、茶臼岳頂上に近い林では既に木々が赤く色づいているのが見られました。

今日のメンバーの中に、満90歳の中村ゴルフ会会長、83歳の安田理事長と植村元同窓会長それに82歳の谷口元事務局長がお元気にプレーされているのが印象的でした。

 順調にプレー終了し、温泉で疲れをいやした後表彰式が行われました。

 

 

結果

 

順位

氏名

グロス

ハンデ

ネット

次回ハンデ

優勝

橋本 俊夫

101

29

72

23

2位

田中 敦夫

94

21

73

19

3位

渡邊 鐡男

96

22

74

21

4位

深澤 正宏

100

22

78

22

5位

塚本 光伸

110

32

78

32

 

 

橋本君は、本ゴルフ会の参加は古いが今回は初優勝となり、安田理事長寄贈の銀カップに歴代優勝者に並んで名前を刻むことになりました。今日の優勝者には優勝賞品に加えて中島同窓会長から寄贈された商品券が加わりお得な優勝でした。

次回はいつもの5月(日程・場所未定)開催の予定です。決まり次第お知らせ申し上げますが同窓生の奮ってのご参加をお待ち申し上げております。特に若い方のご参加を期待しております。

 

 

 

連絡先:松村 正一(前同窓会会長・昭和34年高商卒)

 

 

 

メール mailto:matsucpa@graciajapan.com

FAX 03−3667−0366

携 帯 090−3203−0152

〒103−0024 東京都中央区日本橋小舟町12番3号

 

 

 

 

第115回安田ゴルフ会

 

2016年5月18日 鶴舞カントリー倶楽部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

115 安田ゴルフ会(2016・5・18)報告

 

 

 

植村 昭 記

 

 

 

 

 

 

 

第115回安田ゴルフ会は晴天の下、 鶴舞ゴルフ倶楽部 にて開催されました。

名匠 井上 聖一が設計したゴルフコースは、地形を自然のあるがままの姿に残して作られたコースが多い。一見その美しさに魅せられてテイグランドに立つ、しかしプレーが始まるとその難易度は高い、鶴舞ゴルフコースも格調が高い。名コースは一生懸命に攻めても、なかなかパーが取れず、逆にすぐダボ、トリプルになる。飛距離が落ちてくると、その難しさは極端だ。

若葉から緑の色の濃さをましたフェアーウエーからラフの芝の違いが集合写真に表れている。

ゴルフ日和 に恵まれて、前回優勝の安田理事長、準優勝の安田修さん(学校法人安田学園教育会評議員)、3位海老原君を含めて16名の参加で決戦の火蓋は切られた。

今回は残念ながら小生は絶不調で他のペアのスコアは見る余裕が無かったので止む無く参戦記とする。私は中村ゴルフ会会長、安田修さん、鳴海義一君と一緒に回った。

現在安田ゴルフ会最強の鳴海君は昨年江戸崎の理事長杯で準優勝、ハンデを一つ詰めて念願のシングル入りを遂げているが、安田ゴルフ会ではハンデ13と恵まれての参加である。安田修氏もまた巨体で飛ばし、小技も上手く強い、スタート前はとにかく固いゴルフに徹しようと思った。しかし私はクラブを振り回し過ぎたせいか腰も具合が悪く   不調この上も無い。

キャデイさんは、高齢ナンバーワンの中村さん(89才)の面倒を一生懸命に見ており、かたや二人の飛ばし屋のはるか後方に置いてけぼりで孤独のゴルファーは快晴の素晴らしい天気とは真逆の最悪のスコアを重ねていった。

還暦を超えての成長著しい鳴海君のゴルフは実に素晴らしかった。ラフからのパーオン、削られた ショット の跡は流石にシングルプレイヤーで綺麗に芝生を刈り取っていた。

この難コースで  3942  81   ハンデ 13でぶっちぎりの優勝を果たした。

昭和38年(1963年)6月の第1回から数えて今回第115回を迎えた安田ゴルフ会を振り返ると、小生が入会して46年が過ぎたが、思い起こすと、故安田一前理事長を始めとして、すでに故人になられた多くの先輩方の記憶が鮮明に浮かんでくる。大国晧造(瑞穂機電会長)  、 清水啓三郎(清水精工所会長)、金田勝次(カネダ会長), 小林美之助(東あられ本舗社長)、奥井朗(アサヒビール 常務、染谷恭次郎(早稲田大学教授)、 設楽敏夫弁護士(設楽法律事務所)、村田政雄(アイデアル社長) 等々錚々たるメンバーがおられた。当時のハンデがしらは金山泰雄君で確か筑波のハンデ1で実にうまかった。

伝統の安田山荘の前夜祭は、和気藹々の雰囲気だが、入会当時の若輩者だった小生は少々気後れした懐かしい思い出がある。殊に大國  大先輩は長年にわたって安田ゴルフ会を通じて、同窓会の人脈作りと活性化に尽力された大功労者であった。 

安田学園も男女共学になって3年、今年は全日本アマチュアゴルフ選手権に2名の女子生徒が出場することになり学園の先行きは実に明るい、安田弘現理事長のもとに伝統を繋げて行きましょう。新規メンバーの参加を期待します。どうぞよろしく、 

 

 

 

 

 

 

 

次回第116回安田ゴルフ会は恒例の名門那須ゴルフ倶楽部での開催の予定で予約済みです。

1014()  830分スタート 4組

 

 

 

前夜祭は10月13日の6時から那須ゴルフ倶楽部でとなります。引き続いての安田理事長山荘での2次会もご期待下さい。

後日、松村幹事からご案内がありますが、お早めに予定に入れておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

結果

 

 

順位

プレイヤー名

西OUT

西IN

GROSS

HDCP

NET

優勝

鳴海 義一

43

38

81

13.0

68.0

2位タイ

塚本 光伸

61

52

113

36.0

77.0

2位タイ

寺本 正男

58

52

110

33.0

77.0

4位

渡邊 鐡男

49

51

100

22.0

78.0

5位

深沢 正宏

50

52

102

22.0

80.0

6位

菅野 光雄

57

54

111

30.0

81.0

7位タイ

安田 修

45

50

95

13.0

82.0

7位タイ

海老原 孝一

53

48

101

19.0

82.0

9位

及川 武男

49

55

104

18.0

86.0

10位

松村 正一

53

58

111

24.0

87.0

11位

橋本 俊夫

56

61

117

29.0

88.0

12位

竹村 保博

51

58

109

19.0

90.0

13位

中村 栄太郎

69

68

137

44.0

93.0

14位

植村 昭

60

58

118

22.0

96.0

15位

五井 恭治郎

63

64

127

28.0

99.0

NR

安田 弘

0

0

0

0.0

0.0

 

 

 

 

第114回安田ゴルフ会

 

 

 

 

成績

氏名

アウト

イン

トータル

ハンディ

ネット

優勝

安田弘

48

53

101

30

71

2

安田修

40

48

88

16

72

3

海老原孝一

44

49

93

20

73

4

松村正一

52

50

102

24

78

5

渡邊鐵男

51

49

100

22

78

 

 

 

第114回の安田ゴルフ会は、毎年秋恒例の名門「那須ゴルフ倶楽部」にて開催された。

前日の1015日は快晴で那須茶臼岳を見上げる林は紅葉に彩られる中で、午後6時からロッジで前夜祭が始まった。例年はすき焼き、食いしん坊にはこたえられない那須牛だが、今年は豚シャブで那須豚の賞味会だ。

ロッジでの会食後は安田理事長の山荘で恒例のワインパーティーが開かれた。暖炉のある居間に参加者16人全員が集まり、安田一前理事長の肖像画の下、安田弘理事長提供のワインとおいしいチーズをつまみにして同窓生の和やかな交流が遅くまで続いた。

昨年から理事長のご次男安田修氏も参加されており、学校側から深澤副理事長は毎回参加されており同窓生と学校法人を結びつける良い行事になっていると感じている。

私はこの40数年、毎年紅葉シーズンの那須ゴルフに参加しているが、好天の下絶好の紅葉の中でプレーはなかなか難しい。山の天気で霧や雨それに強風の時もありなかなか難しい。プレー日が決まっているから、その年により当たりはずれがある。ところが何年に一度か素晴らしい天気と素晴らしい紅葉にぶつかる。15番の観楓台から見上げる茶臼岳からは白い噴煙が上がり、眼前一杯に実に色とりどりの極彩色、錦秋の世界が拡がる。その時は実に素晴らしいの一語に尽きる。第114回のプレーの幕が切って下された。前日の晴天とは変わって16日は曇りで山の上の方は霧がかかり観楓台からの折角の茶臼岳も姿を見せず紅葉も秋の日の中に色の冴えが見られない。風もなく穏やかな天気なのは何よりであった。

当ゴルフ会の最長老は会長中村栄太郎大先輩、大正14年生まれで89才矍鑠としてワンラウンドのプレーをこなす。今回は安田理事長がout48・in53 total 101で優勝を飾った。安田ゴルフ会は伝統的に元気な先輩達が頑張って伝統を守っている。「疲れた 俺も年だな」などとは口が腐っても言えない、「安田で年をとったなんていうのはまだまだ20年早い」と一蹴されてしまう、故に年をとったとの言葉はこの会では禁句だ。

2位は安田修氏、親子二代で優勝、準優勝、実にお見事でした。主催者の優勝は遠慮するべきだと理事長は固辞されたが、勝負の世界、それは別でしょうの声で皆から祝福をうける。因みに修氏は理事長曰く少年時代に大相撲から勧誘された程の偉丈夫で、今回も4048と実力派、小技も上手い。今回3位の飛ばし屋海老原君の4449を始め、今後安田会実力ナンバーワン(?)の鳴海君らとの好勝負が期待される。

ゴルフ会のメンバーも高齢化しており会員数の減少も続いているので若い同窓会員の参加をぜひお願いしたい。那須ゴルフ以外では年に一度は東京近辺のゴルフ場のプレーも企画、又、一方普段はプレーができない霞ヶ関、東京クラブなどの名門クラブでの企画の要望も出ている。

どうぞメンバーが一人ずつ勧誘をしたり、同窓会報紙やホームページなどを通してゴルフ会の仲間を募っていきたい。尚、毎度のことながら、健康面でプレーは出来なくなったが毎回那須に同行して、協力を頂いている玉木君に深甚の敬意と感謝を申し上げます。

 

参加者16名のうち、ゴルフプレー者14名の上位成績は別表の通り。

当日のニアピン賞は、安田(弘)、深澤、植村、菅野の4氏でした。

次回の予定は平成28年5月を東京近辺のゴルフ場で予定しております。あらためてご案内を申し上げます。

(記:植村 昭)__

 

 

 

第113回安田ゴルフ会

 

 

 

 

第113回安田ゴルフ会は、新緑の眩しい中に「富里ゴルフ倶楽部」での開催となりました。当ゴルフ場は成田国際空港に近く、フラットで距離は短いが、ワングリーンのなかなかタフなコースでした。プレー中に飛行機が真上を通るのを見ながらでしたが、特に気にかかることはなく天気に恵まれての楽しいラウンドでした。

 

 

 

この会でのハンディは、以下の通り決めさせていただきました。

 

 

1.

(第100〜112回の平均スコア−72)×0.8=ハンディ

2.

年令加算(満)

71〜75

+2

76〜80

+4

 

 

81〜85

+6

86歳以上

+8

3.

第103〜112回の優勝者  −2×優勝回数

 

 

 

 

以上により、第112回までのハンディキャップより概ね皆さんダウンしての新ハンディの為、アンダーも相当出るのではないかと期待されました。その結果、参加者23名中5名がハンディキャップ以上のスコアを出しました。

当日の上位陣の成績は以下の通りです。18ホールのベストスコアは91で一方ワーストスコアは135まででしたが、スコアに関係なく和気あいあいと皆さんゴルフを楽しまれていたことをご報告します。

 

 

 

 

優勝者

植村

グロス

95

ハンディ

29

ネット

66

2位

鈴木

政男

グロス

94

ハンディ

25

ネット

69

3位

安田

グロス

100

ハンディ

31

ネット

69

4位

寺本

正男

グロス

102

ハンディ

33

ネット

69

5位

塚本

光伸

グロス

107

ハンディ

36

ネット

71

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレー終了後、表彰式はクラブハウス内の会場にて行われました。司会進行は幹事の松村が担当し、今年89歳の中村ゴルフ会会長の挨拶ののち、安田理事長に学校の近況をお話しいただきました。学校改革は順調に進んでおりこの3月の卒業生の大学入学状況は素晴らしく、GMARCH以上で134名と念願の100名を大きく超えたことが報告されました。男女共学になり2年目を迎えましたが、中・高とも偏差値も上がり入学者が増えて今までの学校改革が軌道に乗りつつある証拠かと思いました。

 

さて、優勝者植村さんは今年81歳の高齢の為、年齢加算は安田理事長と同じ6をもらったため、その分がアンダーとなり優勝となりました。2位鈴木さんは74歳で2位、三位に安田理事長が入りました。中村会長は18ホールを無事に回りブービーの賞を頂きました。

 

 

 

次回114回のゴルフ会は、那須ゴルフ倶楽部において10月15日(木)が前夜祭、翌16日(金)がプレー日となりました。

会員のみならず、同窓生であれば結構ですので一人でも多くの卒業生のご参加をお待ち申し上げております。

 

連絡先は以下の通りです。

 

 

 

松村 正一(S,34商卒)

 

〒103−0024 東京都中央区日本橋小舟町12−3 姫井日本橋ビル3階

 

電話03−3669−3591 FAX 03−3667−0366

 

携帯090−3203−0152

 

メールmatsucpa@graciajapan.com

 

2015.6.10 松村 正一記

 

 

 

 

 

112回安田ゴルフ会報告

 

 

岸浪一正氏撮影

 

 

安田ゴルフ会第112回が去る10月24日那須ゴルフ倶楽部で開催されました。

秋は毎回那須ゴルフ倶楽部で開催されています。昨年は霧と風で気温も低くさんざんでしたが、今年は晴天に恵まれしかも紅葉が真っ盛りという最高のコンディションの中で熱戦が繰りひろげられました。

那須ゴルフ倶楽部で長年ゴルフをやられている安田理事長の話では、『こんな雲ひとつなく那須岳がすっきりと見える日はめったにない。紅葉も丁度見頃で素晴らしい』と話しておられました。

那須ゴルフ倶楽部は那須岳の中腹に位置し海抜850mから1000mの高原ですので、朝の気温は10度を下回っていましたが、日中は日ざしがあり風もなく穏やかなゴルフ日和でした。

ところで、前日の晩には恒例の前夜祭のすき焼きパーティが開催されました。ここには学校側からゴルフをしない蓮沼校長・九川事務長、同窓会側から柴山さん・谷口先生・小林さんもご出席いただきました。パーティでは中村ゴルフ会会長の挨拶に始まり、安田理事長の那須ゴルフ倶楽部へようこそとの歓迎の言葉に続き、蓮沼校長・九川事務長から学校の状況報告を含めご挨拶を戴きました。

パーティ後の二次会は、ゴルフ場に隣接する安田理事長の別荘に招待されワイン・ウィスキー・ブランディに深澤専務理事提供の一升瓶の大吟醸などご馳走になり盛り上がりました。クラシックな趣のある別荘の広間には19番ホール984yd(クヤシイ)のプレートがあります。理事長の父君故安田一前理事長さんがつくられたとのことですがユーモアが顕れていますね。

今回のトピックスは、安田理事長のご子息(次男)の安田修さんが参加されたことです。五洋建設で営業を担当とのことですが、気さくで礼儀正しい方でしたがなんと言っても体格が素晴らしい方です。身長約190cm体重100kg超(教えてもらえず、いずれも推定)大学でアメリカンフットボールの選手だったとのことです。ゴルフは社会人になってから始めたそうですが、当たると250ydは飛ぶとのことです。

快晴・無風の中、プレー参加者17名により80歳以上は白マーク、他は青マークからスタートしました。途中の紅葉を愛でながらの那須高原でのプレーは快適でした。

さて、ゴルフの成績ですが入賞者は別表の通りです。優勝は不肖菅野(昭和34年卒)でした。ハンディ32も戴き恥ずかしながら遠慮なく優勝杯を頂戴しました。6年ぐらい前に入会しましたが今回が初めての優勝ですのでご容赦下さい。準優勝は昭和7年卒の植村さんでベストグロス賞もとりました。3位は初参加の安田修さんでした。

また、来年卒寿を迎える中村会長が、胆嚢の手術でゴルフから遠ざかっていて1年ぶりとのことでしたが、見事1ラウンドをプレーされました。プレー後の表彰式ではあと5年はゴルフをやりたいと意気軒昂に挨拶されていました。

那須ゴルフ倶楽部は、昭和11年7月にオープンし、栃木県で最も古く伝統ある名門コースです。那須高原の地形をそのまま生かした山岳コースで、那須の自然、春にはツツジ、秋には紅葉とその季節に触れながらプレーが楽しめます。フェアーウエイは広くバンカーは余りありませんが、那須岳からの高速グリーンには泣かされます。ゴルフをやられる方は是非チャレンジしてみてください。

次回は東京近辺のコースで5月頃開催される予定ですので、多数の方の参加をお待ちしています。                         (記:菅野満雄)

 

(成  績)

 

 

 

アウト

イ ン

グロス

ハンディ

ネット

優勝

菅野

満雄

51

103

32

71

準優勝

植村

48

43

91

16

75

3位

安田

45

48

93

18

75

4位

田中

敦夫

49

45

94

16

78

5位

安田

50

52

102

20

82

以下省略

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

110回安田ゴルフ会報告

 

2013.10.11   於いて     那須ゴルフクラブ

昭和27年高等学校商業科卒       植村 

 

天気予報が曇りから時々雨と予想が変わった。

  恒例の前夜祭は、那須ゴルフ場のレストランでのすき焼きに始まり、食後はゴルフ場からすぐ近くの安田理事長の山荘で全員がお世話になりワインパーティで終わる。

 

11日は残念ながら雨が、そしてガスまでが立ち込めている。少しスタート時間を延ばす案も出たが後の組も続いている。天気予報もあまり良くないので強行する事になった。集合写真もガスの中、最悪の状態のスタートになった。

1組は安田理事長、菅野満雄(34商・元安田倉庫)、岩崎幸男(34商 )と飛ばしやで当ゴルフ会シングルの鳴海 義一(34)君だ。第2組は私・植村(27商)、学校法人専務理事の深沢さんに当会最高齢の中村ゴルフ会会長(17建)の3人だ。

スタートからキャディーさんに、この白線を目標にと教えてもらう、第二打でもこの方向に残り

150ヤードですと教えてもらう。

ゴルフをやった方なら誰でもわかると思うが霧の中、まさに暗中模索の状態だった。

 那須のキャディーさんに感謝しなければならないのは実に良く教えてくれる。打つ前にラインを、次に立って手を延ばし高さが分かるようにリードしてくれる。アウトを50で回れた。この雨だから皆も苦戦しているだろう、自分としては上々だと思っていた。

 昼食後はインに回る。75歳以上はホワイトテイ(女性テイ)で打つというハンディをもらう。

 以前だったら冗談じゃないと,レギュラーティーで無理やり力一杯のゴルフに挑戦してペースを崩し、結果は残念無念の結末だったと思うが、理事長先生も小生も無事80才を超えて少々温和になり、素直に幹事諸君のご提案を聞き入れホワイトテイで満足して打たせてもらう。 

インに入って今回の選択が当たった。ホワイトテイはグッと距離が短くなっていた。キャデイさんのいうことをよく聞いた模範生は神様がきっと助けてくれたのだろうロストボールもなく、各ホールを廻れた。霧の中の最終ホールもキャデイの指図のままに思い切り振った。 那須の最終ホールは林の中に下りのフエアウエイが続く、分からないままに進むいい塩梅に坂の中途のど真ん中にボールがあった。170ヤードの下りですとキャデイがいう、生憎と深沢さんは左の林の中から打っている。一呼吸おいて2打目を打った。ナイスショット、だがどこに飛んだか分からない。坂のくだりきったところにグリーンがある。まわりはバンカーで結構難しいコースだ。バンカーかなと思いながらグリーンに近づいた。驚いたなんと2オン.ピン下3mにボールがある。深呼吸をしてややフック目のパターを狙う、見事に バーディだ。バカづきの一語に尽きる。

深沢さんに[これは今日は植村さんに、 決まりですよ]と一言。

[靴を履いて見るまではね]言いながら風呂に入った。

パーティーで優勝の発表、何年振りだろうか、この4.5年は膝を痛めたり、体調を崩してスコアを崩して我ながら不甲斐ないプレーにあきれたこともたびたびであった。

今日は同伴プレーヤとキャデイさんに感謝、それから那須の神様に万感の謝意を 込めて、本当にありがとうございました。

ゴルフは一生の健康管理、健康でさえあれば後は努力で結果が出る。この悪天候の中でプレーご一緒したメンバー各位の健康を一祈り、加えて新しいメンバーの参加を期待します。

 

今回の第110回ゴルフ会の成績は以下の通りです。

 優 勝  植村 昭 アウト50 イン45 グロス 95 ハンディ20 ネット 75

 2 位  深澤 正宏アウト49 イン52 グロス101 ハンディ17 ネット 84

 3 位  安田 敏彦アウト58 イン50 グロス108 ハンディ22 ネット 86

 5 位  松村 正一アウト50 イン54 グロス104 ハンディ17 ネット 87

10 位  渡邊 鐵男アウト46 イン61 グロス107 ハンディ14 ネット 93

ブービー  及川 武男アウト56 イン55 グロス111 ハンディ14 ネット 97

 以上の結果でした。ゴルフ場でのパーティー後次回2014年5月開催の安田ゴルフ会(日時・場所未定)での再会を誓って解散しました。

以上

 

 

クラブからのお知らせ

 

109回安田ゴルフ会のご案内

 

 

安田ゴルフクラブ

会   長 中村栄太郎

常任幹事 柴山一男

 

安田学園創立90周年を迎える今年、学園野球部が第85回記念選抜高等学校野球大会に初出場が決まり、二重の喜びを迎える年に成りました。

安田ゴルフ会も第109回目を迎える伝統を持っております。

立春も過ぎ例年より早くご連絡に成りますが、春のゴルフ会の日程が決まりましたのでご連絡いたします。

本年度春の例会は、「鶴舞カントリークラブ」で開催が決まりました。

多くの方々をお誘いのうえ、多数のご参加をお待ち致しております。

 

1.       

日 時

平成25年5月16日(木)8時20分迄にクラブハウスに各自集合

 

2.       

場 所

「鶴舞カントリークラブ」(井上誠一設計)

千葉県市原市田尾1293-2 TEL0436-88-2211

 

3.       

競 技

スタート時間 西コースOUT 8時59分から5組(7分間隔)

集合時間 西コース パターグリーン前 8時40分(集合写真)

 

4.       

諸料金

プレー費概算¥13,000(キャディーフィ、カート、昼食代+ワンドリンク代を含む)

利用税¥950を含むので、70歳以上の人は免許証等の提示のより同額を減額。

 

5.       

道 路

館山自動車道市原ICより約20Km、35分程

東京湾アクアライン経由圏央道木更津東ICより約18Km、25分程

 

6.       

入 賞

優勝・2位〜5位・7位・10位・15位・BB賞・ニアピン賞。

 

7.       

会 費

年会費¥2,000 参加費¥5,000(賞品代、パーティー代)

 

今回不参加の方は年会費(\2,000)下記の銀行口座へお振込をお願いいたします。

「みずほ銀行小舟町支店・普通預金4241783」安田ゴルフ会 松村正一

産科お申し込みの方には、組み合わせ表・交通機関等を後日お送りいたします。

参加希望の方は3月15日までに下記へ連絡お願いします。

 

 

安田ゴルフ会 連絡先

東京都墨田区横網2-2-25 安田学園内

安田会ゴルフクラブ 担当幹事 谷口重男

TELFAX03-3622-2312

 

特別連絡:甲子園選抜高等学校野球大会組み合わせは3月15日午前9時からです。初めての出場ですので一人でも多くの同窓生の甲子園での応援をお願い致します。

 

 

第108回 安田ゴルフ会の御案内

 

8月も終わりの候となりましたが、相変わらずの残暑に少々体がばて気味の今日この頃です。皆さま御健勝にお過ごしのことと思います。この5月は、安田善次郎翁の墓参をかねての富山県の呉羽カントリークラブでのゴルフ会でしたが、今回のゴルフ会は地元での開催を企画しましたので、一人でも多くの会員の皆様のご参加をお待ちもうし上げております。今回は金子正司会員(昭和34年建築卒)の紹介により鎌ヶ谷カントリー倶楽部で開催することとなりました。

 

1.日  時:

 

2.場  所:

 

 

 

3.費  用:

平成24年10月10日(水)スタートAM9時3分から6組

 

鎌ヶ谷カントリー倶楽部 中コース

千葉県鎌ケ谷市中沢1348

JR西船橋、東武鎌ケ谷駅、新京成北初富駅よりクラブバスあり

 

@16,000円(飲食別)

キャディ付きで原則歩きです。但し2人乗りカ―ト3台を抑えてあるので先着6名はカート利用が可能です。このカートは1台につき3,000円の別料金ですがフェアウエイ乗り入れ可能とのことです。

 

 

 

 

 

安田会ゴルフクラブ第106回開催報告

 

golf106

 

 

安田会ゴルフクラブは年2回の開催を基本として、この10月に106回を数えるまでになりました。秋はこの時期紅葉が素晴らしい名門「那須ゴルフ倶楽部」での開催を恒例としています。

ここでの楽しみはプレー前日の安田理事長・深澤専務理事を囲んでのすき焼きパーティーに始まります。クラブハウス内での飲食で多いに盛り上がった勢いで2次会はクラブハウスに近い安田家の別荘に移ります。この別荘は戦前の建築ですが大変趣のある重厚な建物で入口から入り一段下がるとそこは19番ホールで984ヤードの表示があり、額に描かれた安田一前理事長のにこやかな笑顔に迎えられ、理事長ご提供のワイン・ブランディー等を自ら皆さんに注がれて、毎年のことながら翌日のゴルフを忘れて飲んでしまいました。

迎えて21日のゴルフ会はこの季節では珍しく無風・薄日の射す暖かい気候に恵まれ、那須岳のふもと近くまで下りてきた紅葉を見ながらゴルフを楽しみました。私は安田理事長とS.34年卒同期の渡邊・菅野氏と4人でラウンドを回りました。理事長は78歳の年齢を迎えて意気ますます盛んでゴルフでは我々より1ヤードでも飛ばすべく頑張っておられました。この元気を以て今の安田学園を受験者に選択される進学校として、健全な経営を維持しながら更なる発展・継続することで安田学園の中興の祖となることを卒業生の一人として期待するばかりです。

さて肝心のゴルフの成績ですが入賞者のみここに掲載します。

 

成     績

 

 

アウト

イ ン

グロス

ハンデ

ネット

 

優勝

五関一人

38

39

77

69

 

2位

深澤正宏

44

46

90

19

71

 

3位

菅野満雄

52

54

106

35

71

 

 

 

このほか飛賞等多くの賞品が提供され賑やかに表彰式が行われました。

優勝は五関君でS.57電気卒のゴルフ会入会3年目の最も若い会員で、この那須町で支店長をしています。安田理事長から持ち回りの理事長杯を受け取り名門コースでの3回目にしての初優勝を素直に喜んでいました。2位以下は安田会ゴルフクラブの中村会長から賞品の授与がありました。最長老は中村栄太郎会長でただ一人大正15年生まれの85歳で

スコアは別として皆さんと楽しく最後まで元気にプレーをされました。

来年は5月頃に創立90周年を翌年に控えていることもあり、創立者安田善次郎翁の富山への墓参を兼ねて旅行・ゴルフ・美味しい食事等を楽しもうとの提案があり予定を組むことになりました。又、決まり次第ホーム・ページ等でお知らせしたいと思いますので多くの新しいメンバーの参加を期待しています。

尚、ゴルフ会についてのお問い合わせは下記にお願いします。

  谷口 重男  TEL・FAX  03−3622−2312

(記・松村正一)

 

第104回安田ゴルフ会

 

Imgp3586p2

 

45年商卒 海老原孝一 

第104回安田ゴルフ会が1022日金曜日に栃木県那須郡那須町大字湯本212那須ゴルフ倶楽部で行われました。

前日の21日夕方5時に集合し、クラブハウス内の名湯那須温泉で疲れを癒した後、恒例の那須牛すき焼きパーティーを楽しみました。倶楽部ハウスの前には新たにテラスが設けられていて、遠く那須の町並みが一望できるよう増設されていました。

すき焼きパーティー後はこれも恒例の安田理事長別荘の19番ホールにて理事長提供のワインとチーズで理事長・深澤専務理事の学校法人トップと我々同窓生との時間を忘れた懇親が行われました。

那須ゴルフ倶楽部は19367月(昭和11年)にオープンし現在74年の歴史がある事や、1945年コースが当時陸軍の療養所付属の耕作修練所として徴用されていてゴルフ場の機能は全くなくなっていたお話などが安田理事長よりお話を聞く事が出来ました。そして那須岳の山麓標高900mのこの耕地を戦後、会員や会員家族のボランティアの力でゴルフ場として復活した事なども知る事が出来ました。

今回秋の那須ゴルフ倶楽部でのコンペは久しく、那須特有の山からの順目と高速グリーンによるパットに苦しめられました。

そんな中、前回初参加の一番若手の五関一人氏が70台をマークするなど実力を発揮しました。

当日曇り空の上、霧が出始め霧雨状態になったのですがすぐに上がり絶好のコンディションになりました。那須岳は上の方は既に紅葉が終わっていましたが中腹以下に広がる美しい紅葉を眺めながらの一日でした。

参加人員22名によるハンディキャップ戦により優勝澤口正吉氏(グロス83)、準優勝五関一人氏(グロス79)3位澤辺侃司氏(グロス90)の結果でした。初参加は石川幹雄氏1名です。ラウンド終了後は温泉で疲れをとり、クラブハウスへ移動しパーティー席上成績発表が行われました。

中村ゴルフ会会長の挨拶、安田理事長から最近出版された安田財閥創立者安田善次郎翁に関する近著*に関するお話、そして松村同窓会会長の同窓会活動状況等報告の後、賞品授与が行われました。

次回は2011年5月に東京近辺でのゴルフ場での再会を約し那須ゴルフを後にしました。

安田ゴルフ会の詳しいご案内は同窓会ホームページ(http://www.yasudaob.com)にて掲示します。又名門那須ゴルフ倶楽部は(http://nasugolf.jp)でご覧になれます。

安田ゴルフ会 連絡先 : 東京都墨田区横網2-2-25 安田学園内

安田会ゴルフクラブ 担当幹事 谷口重男

TELFAX03-3622-2312

隠匿を積む  銀行王・安田善次郎伝  北 康利著  新潮社発行 

 

 

 

第103回安田ゴルフ会

 

45年商卒 海老原孝一

 

103会写真

 

回を重ねること第103回となる安田ゴルフ会が千葉県市原市の立野クラシック・ゴルフ倶楽部にて開催されました。

前回が激しい雨天で中止となった為、約1年ぶりの安田ゴルフ会と成りました。

今回5月12日()も低気圧の通過が遅く、予定では晴れ時々曇りの天気が朝から結構強い雨の中を天気の回復を願って、インからのスタートとなりました。

参加人員も17名と少ない中、最年少は今回初参加の五関一人さん(昭和56年電気科卒)から、最年長は安田会ゴルフクラブ会長の中村栄太郎先輩(昭和17年建築科卒)まで同窓生の和気あいあいの雰囲気の中、恒例により安田理事長を1組目として、5組のスタートとなりました。

天気はスタート前の予報通り、インコース終わり頃から雨が上がり太陽が見えるようになり、昼食後のアウトコースからは、晴天の下でのスタートとなり汗ばむほどでした。

全員が無事にラウンドを回りきり、風呂で疲れをとり、パーティ会場へ移動し、中村ゴルフ会会長の挨拶、安田理事長の学校経営にまつわる詳細な報告、そして松村同窓会会長の同窓会活動状況等報告の後、賞品授与が行われました。

 

今回の主な成績は以下の通りです。

 

優 勝

及 川 武 男

(45商)

グロス94

ネット

71

2 位

鳴 海 義 一

(48建)

 〃 85

ネット

71

3

植 村   昭

(27商)

 〃 95

ネット

74

 

今回の初参加は澤口正吉さん(42普)と五関一人さん(56電)の両名であります。

午後4時過ぎ次回のゴルフ会での再会を約し解散となりました。